TwitterからFacebookやページに投稿を連携する方法と注意点

TwitterとFacebookのアカウントを連携して、Twitterでの投稿をFacebookに自動送信するときの設定です。設定や投稿内容によってOGPの展開方法が変わります。

TwitterからFacebookやページに投稿を連携する方法と注意点

TwitterでのつぶやきをFacebookアカウントの投稿に自動で反映させるアプリ連携の方法です(Twitterが主、Facebookが従)。ブログやショップなど、告知用アカウントの運用を一本化したい方はどうぞ。

連携方法について、Facebook個人アカウントとFacebookページ向けでは少し設定が異なるので注意して下さい。

またTwitterからFacebookに自動投稿した場合、URLを展開するときの挙動が状況によって異なります。違いを理解した上で運用すると良いでしょう。

なお、文中で断りのない記述は執筆時の動作です。

TwitterからFacebook個人アカウントへ転送する

Twitterのつぶやきを、Facebook個人アカウントに反映させる手順です。

Twitter側のFacebookアプリを認証する

まず、FacebookとTwitter両方にログインしてTwitterの設定ページに入ります。

Twitter > 設定 >アプリ連携

Twitter上のFacebookアプリ
Twitter / 設定

すると「Facebookとの連携」という項目がプリセットされているので、ボタンを押して認証画面に入ります。(ちなみに赤枠の下に見えてるFacebookアプリは、Facebook側からTwitterに連携するためのアプリです。後述。)

Facebook連携アプリの設定をする

同時に、自動投稿した場合の公開範囲を聞かれます。公にしたい投稿なのか、自分用のメモにするか必要に応じたレーティング設定をして下さい。

TwitterからFacebookへの連携

「Facebookプロフィールに投稿する」にチェックがついていれば個人アカウント向けに投稿されます。個人アカウントへの連携は基本的にこれでOKです。

なお、@から始まるリプライ投稿やダイレクトメールは除外されます。これらは私信に近い用途なので妥当な仕様でしょう。

リツイートをFacebookへもシェアしたいときは

設定の詳細変更は、同様に連携アプリ欄から行います。

もし誰かのツイートをFacebookでもシェアしたいときは「リツイートをFacebookに投稿する」欄をチェックして下さい。(このときの挙動は「Twitter-Facebook連携投稿の見え方」項で後述します)

TwitterからFacebookページへ自動投稿する設定

今度は、TwitterのつぶやきをFacebookページ(ショップ等の告知用アカウント)に反映させる手順についてのご説明です。途中まではFacebook個人アカウント連携と同じ作業です。

同様にFacebookとTwitter両方にログインした状態でTwitterの設定ページに入ります。

Twitter > 設定 >アプリ連携

このとき、「Facebookページ」ではなく「Facebookページの管理権限があるFacebook個人アカウントでログイン」します。(Facebookページでログインしている場合は、個人アカウントに切り替えるよう指示されます。)

Facebook個人アカウントで認証する

「Facebookとの連携」を認証して連携します。個人アカウントを認証したものと同じアプリです。

個人アカウントからFacebookページに連携を切り替える場合

Twitter側からFacebookアプリとの連携が成立したら、個人アカウントからFacebookページへの切り替え作業を行います。

TwitterからFacebook個人アカウントを紐付け
アプリ連携欄にある「Facebookプロフィールに投稿する」のチェックを外すと、新しくFacebookページ向けの設定項目「Facebookページに投稿する」が現れます。

TwitterからFacebookページへのアカウント連携

「Facebookページに投稿する」より、ポップダウンメニューを開いて目的のFacebookページを選択して下さい。(リツイートを投稿した場合の挙動は、「Twitter-Facebook連携投稿の見え方」の項で後述します)

Twitter-Facebook連携投稿の見え方

連携完了、めでたしめでたし。…と言いたいところですが、同じ文章を書いても投稿内容の見え方はTwitterとFacebookで多少異なります

場合によっては「はた迷惑」な投稿をすることになりかねません。本稿では主にリンクつきツイートについて場合分けしてみました。

Twitterで「URLつきコメント」したときのFacebook側の見え方

まず、Twitterに「URLと、それに関する説明文」というツイートをします。

公式クライアントではTwitterカードによってヘッダ画像とdescriptionが展開されますが、サードパーティーのクライアントではテキストしか表示されない状態です。

TwitterにURLと紹介文を投稿した場合
TwitterでURLツイートをしたときのFacebook側の見え方

このときFacebook側ではURLからヘッダ画像とdescriptionが展開されます。Twitterカードとほぼ同じ感じで表示されます。

Twitterで「URLと画像付きのコメント」をしたとき

次に、Twitterで目につきやすい「URLとコメント+関連画像」の場合です。

Twitterで画像つきツイートする
Twitterで画像つきツイートをする

Twitterで画像を投稿した場合、どのタイミングで画像をアップロードしても画像URLは本文の最後に表示されます。「URLを含むツイート本文+画像URL」という形です。

するとFacebook側が受け取る最後のURLは画像URLなので、Facebook側でアイキャッチ画像をクリックすると紹介したいサイトではなくツイートのOGPが展開されます

一応、本来紹介したかったページもFacebookの本文にテキストリンクとして掲載されてるんですが、どっちかというとTwitterを紹介しているような状態になりますね。(;・∀・){これは微妙…

画像つきツイートをしたときのFacebook側での見え方
画像つきツイートをしたときのFacebook側での見え方

Twitterで他人の投稿をリツイートしたとき

最後にTwitterで他の人のつぶやきをリツイートした場合です。これは次の流れでFacebookに投稿されます。

  • 【Twitter】誰かのツイートをRTする
  • 【Twitter】RTしたツイートが自分のタイムラインに表示される
  • 【Twitter】その人にメンションを付けた同じ内容のツイートが自動的にコピーされて自分の発言として投稿される
  • 【Facebook】コピーした自分のツイートがFacebookに投稿される

本人に通知するとは言えパクツイに近いし、パクツイに近いからこそメンションを送る作法なんでしょうけど、知らない人からメンション来るの嫌いな人が多いのでは…。:;(∩´﹏`∩);:

リツイートをFacebookに送る
Twitterでリツイートした投稿をFacebookに送った状態

これはちょっとかなりスパミーな仕様じゃないかと思いました。運用にあたっては注意した方が良さそうです。

おわりに

…ということで、TwitterからFacebookに投稿を連携する方法でした。

要するに、Facebookアカウントなるものを作ったついでの備忘録であります。

|ω・){今後ともよろしくどうぞ…

反対にFacebookからTwitterに投稿を連携することも出来ます。

【 関連記事 】

FacebookからTwitterへの自動投稿FacebookからTwitterに投稿を連携する方法と注意点

Facebook→Twitterの連携手順はこちら。

相互に連携した場合で表示の仕方が違うので、好みで選んで下さい。ちなみに、TwitterとFacebookで双方向に連携しても無限ループにはならないようです。

【 更新履歴 】

2016/01/29 初稿発表
2016/02/02 Facebook→Twitterの連携手順を書きました