護身術として武術や格闘技を習った上で最も生存確率を上げる方法

少しくらい格闘技をかじったからと言って、暴漢に応戦できるとか思っちゃダメです。

護身術として武術や格闘技を習った上で最も生存確率を上げる方法

沖縄県で米軍属の男が女性の遺体を遺棄した事件をめぐり、中山成彬 前衆議院議員がツイッターにてコメントを表明していました。

な・ん・ぞ・こ・れ。(눈_눈)

護身術の有効性

護身術として武道や格闘技を習うことは否定しません。私自身も小学校から高校まで道場に通ってました。やめた今も何となく練習は続けてます。

組手はたまに余興としてやる程度のノンコンタクトでしたけど、学ぶべき事は多かったです。

ノンコンタクトをバカにする人いるんですけど、ギアなしで自分よりずっと大きい人の足が飛んできます。しかもある意味手加減ゼロですし。

実際、変質者に遭遇したときはその時の経験が非常に役立ちました。とりあえず肝が据わります。

でも、多少の護身術を身につけたからといって応戦をけしかけるのは一番やっちゃいけないことです。本当に信じられない。

つーか、兵法読め。


まんがで身につく 孫子の兵法 (Business ComicSeries)

最大の利点は逃げ足が速くなること

非力な人間が武術を習うことで得られる一番の利点は逃げ足が速くなることです。

殺気というのは訓練次第で不思議と判るようになるもので、少しくらい離れてても尾行されたら早い時点でそれと気付きます。

暴漢のターゲットにされたとき、間合いを詰められる前に離脱できるのはかなり大きいです。

受け身は便利

あと、受け身は確かに便利だと思います。

慌てて逃げる途中で転んでも一連の動きを止めないまま体勢を立て直すことが出来ますし、交通事故に遭っても状況次第でかなり軽症で済んだりしますし。

闘わないのが護身術

武道や格闘技が身を守る際に役立つとは言え、少しかじった程度の人が暴漢に立ち向かおうなんて考えちゃダメです。

仮に相手が何らかの格闘技経験者の場合は動きが読めないから怖いし、未経験者の場合はキレたとき何をしでかすか判らないから怖いし、うっかり反撃してまともに入っちゃったらこっちも傷害取られるかも知れないわけで、勝算が低過ぎる。

逃げ一択ですよ。それ以外の選択肢は基本的に存在しません。

向こうが武装してるかどうかも判らない状態で、場合によっては相手の骨を折らない程度に加減しつつ、一発で確実に沈められる自信があるなら返り討ちにすれば良いです。

私には無理。

体格差をひっくり返すのは不可能

中学生から新卒くらいまでの10年あまり、ポケモン図鑑がフルコンプできそうな勢いで変態に遭遇してきました。その経験から後進のために書いておきますけど、プロの格闘家でもない限りウェイト差はひっくり返せません。

暴漢から見てターゲットの身長が2割ほど小さいとして、単純計算での体重差は8掛けの3乗となり倍くらいの違い( 0.8^3 = 0.512 )が出てきます。

女子供に向かって「応戦すれば良いだろう」とか言うおっさんは、めちゃくちゃ動ける130Kgくらいの力士と一度スパーをしてみたら良いですよ。話はそれからだ。

体重40Kg程度の女の子でも、真面目に鍛えればそれなりに強くなります。うまくすれば20Kg体重が違う相手を足止めするくらいのことは出来る。

でもそれは理想の条件で奇襲が成功した場合に限ります。絶対に成功する前提のシステムを組んだら、いつか必ず失敗する。

小柄な人間にとって、この世界は力で勝てない相手が圧倒的多数を占めるんです。法と文明的な秩序によって、たまたま平穏に過ごせているだけ。しかも暴力を力で制して過剰防衛と言われれば、今度はその秩序が牙を剥いて襲ってきます。

この底知れぬ絶望と恐怖にうちひしがれて、初めて「応戦すれば勝てるかも」などという甘い見通しを捨てられるようになります。一分一秒を争うときは、迷ってる暇はありません。極力選択肢を減らした方が良い。

理不尽な暴力からは逃げて下さい。

狙われる基準は美醜じゃなく雰囲気

あと性被害で狙われる基準は美形かどうかじゃなくて「ぱっと見で気が弱そうかどうか」でしょう。「何それ自慢?」とか「その顔で?」みたいな反応は本当にやめて欲しい。二次被害です。

政府や研究機関による具体的な被害傾向を探したけど見当たらなかったので身近な事例から適当なことを書きますが、被害に遭いやすい人の見た目は「標準の制服」「派手すぎないファッション」「黒髪」のケースが本当に多い。

被害を受けても騒ぐことのなさそうな物静かに見える子を選ぶ、悪質な計画性を感じます。

【 関連記事 】

知らない人に道を聞かれるのは揉めごとに巻き込まれやすい人知らない人に道を聞かれるのは揉めごとに巻き込まれやすい人

「知ってる人に無理な頼み事をされる」と言い換えてもいいかも。

何故その被害者を狙ったのか

【本章追記:2016/05/26】被害者の傾向について「信頼のおけるソースが見つからない」と書いた件で、警察庁作成の資料を教えて頂きました。

被疑者の意識調査で、実施エリアは東京・埼玉県・千葉県・神奈川県・愛知県・大阪府・兵庫県の大都市圏です。

【PDF】電車内の痴漢防止に係る研究会の報告書 – 警察庁

P21 資料1「被疑者の意識調査」(2)なぜ、その被害者だったのか
偶然近くにいたから 111 50.7%
好みのタイプだったから 74 33.8%
訴え出そうにないと思ったから 20 9.1%
好みの服装だったから 17 7.8%
服装が派手だったから 4 1.8%
その他 14 6.4%
無回答 18 8.2%
219(総計258) 100%

自由回答か選択回答かで大幅に傾向が変わる気もしますが、いずれにせよ遊んでそうな子は意外とターゲットになりにくいようです(でも気をつけましょう)。

ボリュームがあって読み応えのある資料なので、興味がある方は目を通してみて下さい。@kattsuuuuuuuuさんありがとうございました。

男性も注意

【本章追記:2016/05/26】あと場合によっては男性も狙われることがあるので気をつけて下さい。

男性被害者というケースがあるのを知ったのは古い友人(細身の美肌男子)による証言ですが、他にも電車やバス通学の男子生徒が痴漢に遭ったという例をちょいちょい見聞きします。

Twitterでそのことを書いたら自分も被害に遭ったという男性の声が複数寄せられました。

何となく想像で成長期前の中学生が狙われるのかなと思ってたんですが、成人男性の被害例もあるようです。周囲に取り合って貰えないだろうことは想像に難くないので難しいですね…。(´・_・`)

おわりに

  • ヤバいと思ったら逃げる
  • 襲われそうになったら逃げる
  • 怪しいと思ったらそれとなく逃げる
  • 普段から逃げる方法をストックしておく
  • 逃げることを教えない奴から逃げる
  • 勝てない戦いはしない…つまり逃げる

もう本当に、体を鍛えれば勝てるとか思ってる人は物理学と歴史を勉強し直すと良いです。

経験上、格闘技は護身術として役立ちます。自分がいかに非力であるかを知るからです。万に一つの可能性は冷静に考えたらほぼゼロなので、体格の違う相手と組んではいけません。絶対にです。

やばいと思ったら逃げましょう。そのための技術を磨いて下さい。驚いてもフリーズしないように、しなければならないことを事前に決めておきましょう。

また、不利な勝負を安易にけしかける人からは逃げて下さい。そういう人との接触は自分の生存確率を有意に下げます。戦術を学ぶということを、戦いに勝つための方法だと思ってる人がいくら何でも多すぎる。

反撃は、万策尽きたときの最後の手段です。そして、一瞬ひるんだ隙に全力で逃げてください。これは奇襲です。長くは続きません。護身術というのはそう言うものです。

【 関連記事 】

逃走劇痴漢や変質者に襲われて逃げる前に知っておいて欲しいこと

逃げると言う意味が誤解されてるようなので。