花粉光環って何?夕日の周りに丸い虹を見たらスギ花粉だと思え!

花粉光環とは、春のスギ花粉シーズンとセットで現れる大気光学現象です。花粉が大量に飛散してるときに現れるので、花粉症対策の一環として空を見る癖を付けてみては。

花粉光環って何?夕日の周りに丸い虹を見たらスギ花粉だと思え!

太陽の周囲には、様々な条件によってしばしば虹色の輪が現れます。中でも花粉によって発生する輪を花粉光環と言い、特に春のスギ花粉で起こります。

つまり花粉光環が見える日は大量にスギ花粉が飛んでます。

スギ花粉症の人には歓迎されない現象でしょうが、発生のしくみを知れば外出時のチェックに役立ちそうですね。(・∀・)

花粉光環(かふんこうかん)とは

花粉光環

花粉光環とは、花粉によって出来る光環です。

そして光環とは、薄雲が広がっているような日に太陽や月の周囲に出る虹のような輪のこと。これが花粉によって発生したとき花粉光環と呼ばれます。

条件が揃えば一日中観察できるのですが、陽射しが強い日中はさほど目立ちません。陽射しが和らぐ夕方に発見されることが多いようです。

また、「虹のような」と書きましたが、いわゆる7色の虹色ではなく干渉虹と呼ばれるタイプの縞模様です。どちらかというとシャボン玉や油膜に近い感じ。

薄膜構造による干渉色チャート
構造色の虹色シミュレーション

どんな時に現れる?

花粉光環は、春先の晴れ間によく見られます。黄砂などが雨に洗われて、すっきりと晴れ渡った爽やかな日に、ぶわ~っと花粉が飛ぶと出現します。

鮮やかな光環が出るには、粒の大きさが揃っていることが重要です。あと、それなりの分量が飛散していること。条件としては ほぼスギ花粉によるものと考えて良さそうです。

このときのスギ花粉はアレルゲンをがっちり抱え込んだ状態なので、スギ花粉症の方にとっては非常に憂鬱な事態でしょう。

花粉光環が出来るしくみ

光が空気中の粒子にぶつかると、その影響で光の進み方が少し変わります。粒子のサイズが揃っていると光の変化も一様なので、それぞれが強め合ったり弱めあったりして綺麗な縞模様を作ります。

花粉によって光が回折するしくみ

この色の並びは科学的な意味を持ちます。あまりフォトレタッチで色味を変更してしまうと本来の機能を失うので、記録写真として扱う場合は気をつけて下さい。

花粉光環を強調してみる

RGB成分と合成波としての干渉縞

ちょっと専門的な話になりますが、干渉縞がなぜこのような色になるのかはRGB分解すると解りやすいと思います。

各色成分ごとに波紋の波頭がずれていて、これを合成すると様々な色が浮かび上がってくるのです。

花粉光環をRGB分解する

実はちょっと楕円

このしましまは「同心円状の」と言われることが多いのですが、実はよく見ると少し縦長です。昼は正円に近く、太陽が低いと潰れるようです。

花粉光環の楕円度

水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック [ 池田圭一 ]【楽天】 / 【Amazon】

おわりに

花粉光環は今までにも何度か見かけてたんですが、なかなか良い写真が撮れずにいました。先日、近所の科学館で大気光学現象に関するネタ出しをお手伝いしたばっかりだったので、ちょうど撮れて良かったです。

あと太陽の少し外側に出る虹のような輪は内暈(ないうん)と呼ばれる別の現象です。発生頻度としては内暈のほうがずっと多く、四季を通じて見られます。

【 関連記事 】

ハロやアークいろいろ太陽のまわりに丸い虹が見えたら超ラッキー!変な虹の探し方

「変わり虹」いろいろの見分け方です。

とにかく花粉光環が見える=スギ花粉がばんばん飛んでる ということなので、花粉症の方は十分注意してお出かけ下さい。

花粉症対策といえば、鼻の穴にワセリン塗りたくると良いって言いますね。どうぞお大事に。(´Д`;)

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g