シンデレラ体重でガリガリになる人と美しく細い人の決定的な違い

低体重でも美しい体形に見える人には明確な理由があります。

シンデレラ体重でガリガリになる人と美しく細い人の決定的な違い

「シンデレラ体重」なる美容用語を見かけました。「女性の身体が美しく見える理想的な体重」のことだそうです。

シンデレラ体重 = 身長(m) × 身長(m) × 20 × 0.9

なんとなく目新しい指標に見えますが、昔から肥満スクリーニングに使われてるBMIの計算法ですね。BMI18の定義式と本質的には一緒です。

BMI18って健康に悪いの?

政府統計による日本人女性の平均身長は約158cmです。このときのシンデレラ体重は45.0Kgに相当します。

実際の20代女性の平均体重は158cmのとき52Kgなので、45Kgだと厚労省の示す標準体重の下限(=BMI18.5)を満たしません。

これを受けてTwitterでは「BMI18の経験あるけどガリガリで辛かった」「抵抗力が落ちて散々だった」「生理が止まる」「もっと食べないとダメ」みたいな反応が数多く見られました。

でも「BMI18なら標準体重の下限と比べて1Kgくらいしか変わらないし、そんなに目くじら立てることないのでは?」と考えることも出来ますね。実は、BMI18でも健康そのものって人は普通にいます。

じゃぁ、BMI18でも健康的な人って具体的にどんな人でしょう?

答えは、小学校高学年の女の子です。標準的な体形の11歳とか12歳の女児がBMI18に相当します。

第二次性徴と骨格の変化

次の図を見てください。

日本女性の生涯BMI推移

これは厚生労働省の国民健康・栄養調査データをもとにして、日本人女性のBMI推移を算出したグラフです。統計ごとのばらつきを消すために、5年分の結果を重ねました。年ごとに多少の揺れはあっても、総じて傾向が変わらないことがわかります。

一応断っておくと、成長期の肥満判定をするときBMIは使いません。本来BMIは成年向けの体型指標です。ここでは生涯の体型推移をみるために、あえて幼児期からのBMIを出しました。

ちなみに男の人だとこんな感じ。

日本男性の生涯BMI推移

国民健康・栄養調査|厚生労働省
男女別の身長体重データを利用しました。全年齢の値を得るため、BMIもそれぞれ算出してます。

12歳女児の平均体形はBMI18

標準体形の日本人女性は、小学校高学年くらいの一時期にBMI18を経験します。いわゆる少女体型というやつです。

成人女性におけるBMI18は明らかに平均から外れたやせ体型ですが、少女のBMI18は標準体型のど真ん中です。子供と大人では骨格そのものが違います。大人基準のBMI判定を子供にあてはめても何の参考にもなりません。

問題は、大人と子供の中間に位置する思春期の若年層です。成長期の個人差により、大人の肥満基準が適用できる子と出来ない子が出てきます。

第二次性徴に伴う体重増加

中学生くらいになると、第二次性徴に伴って体つきも変わっていきます。全体の肉付きが厚くなるにつれ、重くなった体を支えるための骨も丈夫になります。

骨は脂肪より重い(=密度が高い)こともあって、トータルでの体重は増加の一途をたどりがちです。

  • 骨  … 1.24
  • 筋肉 … 1.08
  • 脂肪 … 0.93

(『スポーツ動作学入門』より各組成密度の一例)

ガリガリに痩せるということ

理想の体型は人それぞれですが、多くの日本人は人生の一時期にシンデレラ体重を経験します。そのほとんどが少女期の一瞬を指します。

そして成長を終えた大人がBMI18を目指しても少女体型に戻る保証はありません。…って言うか、普通の大人は戻りません。ガリガリに痩せると生命活動に必要な量の臓器が確保できなくなるので必然的に健康を害します。

中高生のダイエットが怖いのは、仲良しグループの中に成長期が終わった子とまだ少女体型の子が混在するところです。

第二次性徴による体形変化に戸惑った子がダイエットを決意する。ほっそりした少女体型の子に身長体重を聞くとだいたいBMI18前後だという答えが返ってくる。当然そこが理想体重だということになるでしょう。

でも第二次性徴を迎えて変化した骨は戻りませんから、肉だけがごっそり削れて骨ばかりが目立つようになります。

身長によって負荷の重みは多少変わりますが、本質的には変わりません。人体の構造上の問題なので、個人の努力ではまずどうにもなりません。シンデレラ体重でも美しい体形に見えるのであれば、何らかの理由で平均的な大人より骨が小さいと考えるのが自然です。

「極めて早い段階で成長期を終えた」「逆に成長期がこれから」「運動が苦手で筋量が少ない」「極端な小食」「内臓が弱く消化吸収率が低い」「単に華奢」「生まれつき骨が弱い」などなどなどなど。

そもそも物語のシンデレラは日常的な虐待を受けてますから、栄養状態には疑問があります。それを理想の体重と言われても。

「あの女優さんが可憐なのはシンデレラ体重だから」というのは、そもそもの前提が間違っています。「少女的な体型のまま大人となった奇跡により常人離れしたスタイルを体現している」が正しい理解です。因果関係が逆。

BMI18でも健康的で美しい人は存在します。でもそれが自分にも当てはまるかは別問題です。何度でもいうけど、無理なくシンデレラ体重が成立するのは12歳前後の少女体型だけですよ。

大人骨格で少女並みの体重に落とすとトラブル発生率が高いので、メリハリボディ目指すとか違う方向性に切り換えたほうが賢明です。女の子は身長止まったら筋トレしよう。

ネットでは「BMI18なんて明らかに不健康」という人と「全く問題ない」とする人の意見が交錯して混乱しているようでした。両者が共存可能な理由について指摘する意見が見つからなかったので持論を置いときます。

私自身は医療者でも栄養士でもありませんが、学生時代にBMI14台まで落として健康を損ねた経験を踏まえて書きました。医学的に間違った情報を広める意図はないので、明らかにおかしなことを言ってたらこっそりご指摘下さい。

【 関連記事 】

筋トレ女子が筋トレすべき7つの理由

ストレス解消にもぜひ。