博士【名前】という博士【学位】に文系の研究者は存在しない

博士(ひろし)さんという博士(はかせ)は果たして存在するのか!?全国のちびっ子の疑問に答えます!

博士【名前】という博士【学位】に文系の研究者は存在しない

「末は博士か大臣か」

将来有望な男の子によく言われる言葉です。

そして一度は皆さんも考えたことのある、あの謎に迫ってみたいと思います。

\博士(ヒロシ)という名前の博士(ハカセ)は本当にいるのか!?/

博士【学位】とは…

小さいお子さんが想像するハカセというと、おじいちゃん先生のイメージが強いかも知れません。

博士(はかせ / はくし)とは、大学4年を修めた後に、大学院修士(2年)、博士後期課程(3年)を経て得られる称号です。所属する大学、国、制度、個人差はありますが、20代後半の博士もたくさんいます。

大学で教鞭を執る必要はありません。博士号を持った会社員も普通にいます。あまり若い方という印象がないのはマンガやアニメの影響、あるいは教授職との混同でしょうか。

(話の都合で簡単に書いてますが、博士号は単に大学院に長く通っていただけで取得できるものではありません。日々の研究が認められて授与されるものです。)

どのように博士・博士を探すか

具体的に、博士【名前】博士【学位】(以下:ヒロシ博士)を探していきます。

サーチエンジンで闇雲に検索してもらちがあかないので、効率の良い探し方を考えます。博士は研究をするのが仕事なのですから、論文検索サイトで著者名検索すれば良いでしょう。

幸い、国立情報学研究所に「日本の博士論文データベース」というのがあります。これなら筆頭著者で探せる上にほぼユニークIDだぜ。やったね!(๑•̀ㅂ•́)و

博士【名前】博士【学位】考察

国内の博士論文を検索したところ、戦後間もなくの1951年から割と最近の2015年まで、全39報の論文が引っかかりました。

それぞれ著者は後の博士と考えて良いでしょう。目についた条件ごとにまとめてみました。
CiNii Dissertations 検索 – 博士

年代別ヒロシ博士の数

年代別にヒロシ博士の数をソートしてみました。

年代別ヒロシ博士の数
1950年代 3人 ***
1960年代 0人
1970年代 3人 ***
1980年代 7人 *******
1990年代 9人 *********
2000年代 10人 **********
2010年代 7人 *******

博士なんてちょっと古風な名前かと思ってましたが、戦後すぐはそれほど多くないんですね。昭和中期から次第に増えていき、最多は2000年代のようです。

もっとも世紀末頃から博士の数を大幅に増やす政策が採られたので、人数の増加はその影響もあるでしょう。

また2010年代は2015年現在の結果であることを考えると、今後何年かで伸びてくる可能性もあります。

ちなみに、この期間の世代人口をそれぞれ足すと8000万人くらいの数字になるはずです。つまり37人で割ったらヒロシ博士の存在確率は1/200万とかってことになりますからね!

学位別ヒロシ博士の数

次に、ヒロシ博士の専門分野を見てみましょう。

学位別ヒロシ博士の数
医学 21人 *********************
工学 7人 *******
理学 4人 ****
歯学 2人 **
薬学 1人 *
農学 1人 *
保健学 1人 *
情報学 1人 *
教育学 1人 *

医学部つっっっよ!!!

…っていうか何で理系しかないの!?(⊙Д⊙)

もしかして先の博士論文DBには理工系学部しか収録されてないのでは…?

そこで慌てて文学や社会学などの人文系学問に関する論文を検索してみたところ、人文系ワードも問題なくヒットしました。データベースのテーブルが理工系に偏ってるわけではなさそうです。

へぇぇぇぇ…文系のヒロシ博士って一人もいないんですね。

【2017-10-21 追記】※2014年に教育学の小川博士が増えましたが、ご専門が理科教育と思われるので理系博士とします。

まとめ

  • 歴代のヒロシ博士の数は総勢39人(2015年現在)
  • ヒロシ博士に人気の学位は医学博士
  • ヒロシ博士の存在確率は1/200万以下
  • 人文系のヒロシ博士はいない

当初、ヒロシ博士の存在さえ確認出来れば満足だったんですが、文系博士がいないなどと言う重大な事実を知って予想外に戦慄しております。

もしも以下の一覧に載っていないヒロシ博士…特に人文系学位をお持ちのヒロシ博士をご存じでしたらお知らせ頂けると幸いです!

ちなみに「政治博士」を調べてみたら文理両方いましたが、あんまり社会学系の方はいなかったことをご報告しておきます。

以上、おち研リサーチ部のご報告でした!(⊙Д⊙)

付表:博士【名前】博士【学位】一覧

…と言うことで、おまけのヒロシ博士 一覧名簿です。

総勢39名の博論タイトルをとくと見よ!٩( ‘ω’ )و

内藤 博士
鉤虫症催貧血性物質の骨髓潅流試驗
岡山大学 医学博士 [報告番号不明] 1951-02-23
徳田 博士
本邦小児足部形態の研究
北海道大学 医学博士 [報告番号不明] 1952-09-02
長谷川 博士
老年者におけるV.B2代謝
名古屋大学 医学博士 [報告番号不明] 1959-07-29
山本 博士
サイロキシンの脱ヨード反応に関する臨床的研究
京都府立医科大学 医学博士 乙第292号 1970-06-01
前久保 博士
寒冷適応ラットの非ふるえ産熱におけるケトン体の役割
北海道大学 医学博士 甲第1110号 1976-03-25
武田 博士
Studies on monooxygenases : general properties of crystalline L-lysine monooxygenase
京都大学 医学博士 乙第3057号 1976-05-24
斉藤 博士
腫瘍細胞の分裂および増殖に及ぼすウイルス抑制因子またはインターフェロンの影響
北里大学 保健学博士 甲第21号 1980-03-22
杉谷 博士
Regulation of creatine phosphate concentration in rat submandibular gland
日本大学 歯学博士 乙第2654号 1982-03-15
鍵山 博士
関節液中のSuperoxide dismutase活性に関する研究
大阪市立大学 医学博士 甲第599号 1982-03-24
岸 博士
組織適合性抗原差の妊孕能に及ぼす影響
新潟大学 医学博士 乙第729号 1985-01-14
布川 博士
関数型言語に関する研究
東北大学 工学博士 甲第3895号 1988-03-25
氏田 博士
ヒューマンファクタを考慮したプラント信頼性向上手法に関する研究
東京大学 工学博士 乙第8989号 1988-09-21
坂本 博士
アルカリ眼熱傷の研究 : 角膜内に浸透したアルカリ物質量の変動
山口大学 医学博士 乙第603号 1989-07-12
竹中 博士
不規則成層構造における地震波動場の理論的研究
北海道大学 理学博士 甲第2705号 1990-03-24
大道 博士
睡眠呼吸障害のスクリーニング検査に関する研究 : アプノモニターおよび試作睡眠呼吸障害スクリーニング装置の臨床応用に関する検討
藤田保健衛生大学 医学博士 甲第302号 1990-03-24
大宮 博士
Inhibition by A23187 of conformational changes involved in the Ca[2-]-induced activation of sarcoplasmic reticulum Ca[2-]-ATPase
旭川医科大学 医学博士 乙第105号 1991-09-30
村松 博士
Superoxide dismutase in SAS human tongue carcinoma cell line is a factor defining invasiveness and cell motility
札幌医科大学 博士 (医学) 乙第1038号 1995-12-27
森 博士
A small plaque variant of Edmonston strain of measles virus obtained after propagation in NIH3 T3 cells(NIH3T3細胞に感染させることにより得られた麻疹ウィルスエドモンストン株由来の新しい変異株)
東京大学 博士 (医学) 甲第12791号 1997-03-28
田丸博士
The orbit types of symmetric spaces and their applications to generalized symmetric spaces
上智大学 博士 (理学) 甲第192号 1998-03-31
田島博士
火花点火機関のガス流動と熱伝達の関係に関する実験的研究
九州大学 博士 (工学) 乙第6671号 1998-03-20
川上 博士
Cr-Mo鋼溶接部の焼きもどし脆化に関する研究
三重大学 博士(工学) 乙第716号 1999-03-25
布山 博士
Hypoxia increases transforming growth factor-β1 concomitantly with types Ⅰ and Ⅲ collagen without further enhancement by reoxygenation in cultured rat cardiac fibroblasts
岡山大学 博士 (医学) 乙第3369号 1999-06-30
大西 博士
8,8′-ジ置換-1,1′-ビナフチル化合物を用いた不斉反応に関する研究
京都大学 博士 (薬学) 甲第9503号 2002-03-25
安藤 博士
非線形モデルを用いた画像領域抽出法とそれを実現するアナログ・ディジタル融合LSIに関する研究
広島大学 博士 (工学) 甲第2787号 2002-09-12
酒見 博士
チオストレプトン生産性Streptomyces属放線菌の菌糸および胞子形成に影響する遺伝子に関する研究
九州大学 博士 (農学) 甲第6537号 2003-03-25
瀧口 博士
精密測位におよぼす地球表層流体の荷重変動の影響とその補正に関する研究
京都大学 博士 (理学) 甲第12111号 2006-03-23
加茂 博士
ラット島皮質侵害受容ニューロンの応答特性
日本大学 博士 (歯学) 甲第3912号 2008-03-25
石川 博士
Early growth response gene-1 plays a pivotal role in down-regulation of a cohort of genes in uterine leiomyoma
金沢大学 博士 (医学) 乙第1979号 2008-02-06
杉浦 博士
Expression of estrogen receptor β wild-type and its variant ERβcx/β2 is correlated with better prognosis in breast cancer
名古屋市立大学 博士 (医学) 乙第1748号 2008-03-26
小金井 博士
Association of glomerular filtration rate with unsuccessful primary percutaneous coronary intervention and subsequent mortality in patients with acute myocardial infarction : from the HIJAMI registry
東京女子医科大学 博士 (医学) 乙第2495号 2008-03-21
正本 博士
ニューラルネットワーク解析法の化学工学分野への適用に関する研究
福岡大学 博士 (工学) 乙第1259号 2009-03-21
北口 博士
大腸癌進行肝転移に対する5-Fluorouracil/polyethylene glycol-interferon α 2a肝動注免疫化学療法の安全性と効果
近畿大学 博士 (医学) 甲第1011号 2010-03-23
石川 博士
Human β-defensin-2 expression by keratinocytes is induced by co-culture with Trichophyton rubrum through Toll-like receptors 2 and 4
長崎大学 博士 (医学) 博(医)甲第1288号 2011-03-09
宮川 博士
長期間の差しもとを伴う従来法および返し仕込み法による焼酎製造技術に関する研究
熊本大学 博士 (工学) 甲第478号 2011-03-25
松本 博士
Discrimination of carcinogens by hepatic transcript profiling in rats following 28-day administration
名古屋市立大学 博士(医学) 乙第1822号 2011-10-31
村田 博士
サポートベクターマシンを用いた対話的文書検索
総合研究大学院大学 博士 (情報学) 甲第1510号 2012-03-23
田辺 博士
イオンドップラートモグラフィーを用いた高ベータ球状トカマク合体生成機構の解明
東京大学 博士(科学) 甲第29935号 2013-09-27
小川 博士
オーセンティック・ラーニングに依拠した理科授業デザインとその効果に関する研究
兵庫教育大学 博士(教育学) 甲第232号 2014-06-19
藤原 博士
ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)のメラニン色素産生への影響 Mitfおよびチロシナーゼ活性への影響
昭和大学 博士(医学) 甲第2676号 2015-03-20
そんなヒロシに騙されて (MEG-CD)

【 更新履歴等 】

【2017-10-21】最新2名追加しました。本文中の細かい数字も反映されてます。

【2016-05-28】初稿発表