『お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ』って文法変じゃない?

Trick or treat!

ハロウィン、(表面上は)すっかり浸透しましたね。

幼少のみぎりにハロウィンという行事を知ったのはThe Peanuts(=スヌーピー)だった気がするのですが、谷川俊太郎さんは「おごってくれるかイタズラするか」と訳してたような気がします。

今となっては「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!」が定番の訳文でしょうか。これ一体どなたの翻訳なんでしょうね。サンリオとかそのへん?

「命令文に続くor」 は「さもなくばのor」

Trick or treat!

単に名詞を並べただけの幼児語かと思いきや、意味上の主語と目的語を補うと印象がずいぶん変わります。

Trick or treat → (I) trick or treat (me)

ぱっと見だと名詞に見えていた trick 、実は動詞でした。これは中学校で習った「命令文に続くor = さもなくば…と訳すor」でしょう。ズバリそうでしょう。

すると直訳は

「イタズラするぞ!さもなくば もてなせ!」

ということになり、それなりの構造を持った文章と言えそうです。

ハロウィンおばけ勢揃い

日英で節がひっくり返った理由を考える

英語が「Trick → treat」であるのに対し、日本語だと「お菓子 → いたずら」と語順が逆転してますよね。『「とりーた・とりっく」より「とりっか・とりー」の方が言いやすいから』…という説明を見た事がありますが、前述の通りこれ命令文だと思うわけです。

これ仮装パーティーだと思うから和むんですけども、割とガチに脅迫されてるとして二つの文を並べてみましょう。

「イタズラするぞ。じゃなきゃ何かよこせ。」(Trick or treat)
「何かよこせ。じゃなきゃイタズラするぞ。」(Treat or trick)

脅し文句として強いのは およそ前者でありましょう。

一方、日本語としては「イタズラするぞ」が先だと言葉が強すぎてしまう。そのへんの配慮が語順の逆転を生んだのではないでしょうか。これも一種のジャパニーズ・カワイイ文化なのかも知れません。

【 関連記事 】

ハロウィンTrick or Treat に伝説の軒ビームをぶつけてみた

お馴染みの「 Trick or Treat 」という例文を執拗に翻訳し続けてみました。

スヌーピーとかぼちゃ大王 特別版【楽天】 / 【Amazon】