オシャレな自転車ベル knog Oi と海賊版どっちが買い?

シンプルでオシャレな自転車ベル knog Oi 購入にあたって検討した点をまとめてみました。

オシャレな自転車ベル knog Oi と海賊版どっちが買い?

自転車ベルを買い換えました。

自転車パーツを中心としたアウトドア小物のデザイナーズブランド、Knog(ノグ)のサイクルベル Oi(オイ)です。

自転車ベルの常識を覆すスタイリッシュなデザインに発売当初は品切れ続出でしたが、半年ほどしてさすがに落ちついてきたようです。

一部ショップではプレミア価格になってたので、そう言う意味でも手に入れやすくなりました。

knog Oi サイクルベル

クラウドファウンディングKICKSTARTERにより開発資金を得たことで、発売前から注目を浴びていました。

これまでのサイクルベル形状を一新する革新的なデザインです。

ラインナップ

カラーリングは以下の4色。

  • ブラック 黒
  • シルバー 銀
  • カッパー 銅
  • ブラス  真鍮

無難なブラックやシルバーの売れ行きが良いみたいですが、私は赤い自転車のアクセントにしたくてカッパーを選びました。

knog Oi BICYCLE BELL BRASS【日本正規品 /2年間保証】

あとハンドル径によるサイズ展開で、スモール(φ22.2mm)とラージ(φ23.8-31.8mm)が選べます。

ご自分の自転車がどちらが適合するかは実際にハンドルバーを計って頂くとして、基本的にラージはロード向け、クロスやママチャリならスモールという感じでしょうか。

類似品もありますが…

赤い自転車に合わせるという意味ではOiの模造品も出回っていて、正直なところどっちを買うかで迷ってました。

TWOOK Qベル

ただ、購入者レビューだと模造品は非常に壊れやすいという話がちらほら。

もともと造形は本家 Oi のほうが好みでしたし、流通がおちついて価格差も収まってきたいま、海賊版を買うメリットは薄いのかなと思いました。

knog Oi 取り付け方法

knog Oi開封の儀

プラスチックフレームがCの字に開くので、カポッとはめ込んでボルト留めするだけです。

非常にコンパクトなパッケージですけど、六角レンチが同梱されているため商品のみで取り付け作業が完了します。

もっとも今まで使ってたベルが違うネジ山の場合、そっちを外すための工具は必要ですが。

24mmくらいのハンドルにスモールサイズは使える?

knog Oiのコンパクトパッケージ

適正ハンドルバーはSサイズが22.2mm、Lサイズは31.8mmまでとなってます。

  • スモール φ22.2mm
  • ラージ  φ23.8-31.8mm

カタログスペック通りなら、24mm前後のバーに取り付ける際は「Lサイズ買ってアジャスタ使え」ってことになりますが、「どうにかSサイズが入らないかな?」と思ってる人がいるかも知れないので試してみました。

私はスモールサイズのOiを22.2mmのバーに取り付けましたが、クランプ径だと25.4mmあります。そこでクランプのすぐ横まで寄せてみた結果が以下の通り。

knog Oi Smallをφ25mmのバーに取り付けてみた
φ22.2mm部からスライド装着 多少きついけど移動可
直接はめ込み 超ギリギリだけど一応はまる
音色 響きにくくなる

25.4mmと書いてますけど、多少絞りが入ってるので実際の取り付け径は25mm前後だと思います。

プラフレームをCの字に開いてはめる構造のため、取り付け径が太くなると内側のフレームが外側の金属に干渉して開きづらくなります。

想定するφ22.2mmハンドルに取り付けるときもそれほど楽に開くわけではないので、φ25mmだと「入ることは入るけど結構むりやり」という感じでしょうか。

本来の支持点以外で金属とフレームが接触すると、当然ベルとしての音質が落ちます。だいたいφ24mmくらいから。個体差を考えるとちょっとリスキーという気がします。

鳴らない鈴は ただのブタ 整備不良ですし、スモールサイズはやはりφ22.2mmで使うのが良いのかも。

knog Oi に変えて良かったところ

普通のベルからOiに買い換えて良かったこと。

  • とりあずカッコイイ
  • ハンドル周りがスッキリ
  • 押して歩くときに誤爆が減った

なにはともあれカッコイイです。ハンドル周りも超スッキリ。(´ω`*)

あと押して歩くとき無駄に鳴ってしまうことが減りました。これまで、ネックレスやリュックの肩ベルトに取り付けたミニポーチがベルに当たって不意に鳴ってしまうことがあったんです。

これは男の人だとあまり関係ないのかな。ジュニア並の体格で700Cに乗ってて高さのあるベルだと、首からぶら下げた色んなものが当たって結構うるさいんですよ。

自転車を押してる、つまり繁華街など周囲に人が多い場面で無駄にチリチリ鳴ると歩行者を煽ってるみたいで嫌だったんです。それで小型のベルを探してました。

knog Oi 購入の注意点

knog Oi取り付け例

  • ギアレバーによっては取り付け位置が限られる
  • ベルの音は小さめ
  • 使わない割に高価

ギア操作部がハンドル部分にせりだしてると、取り付け位置が意外と限られます。「思ってたんと違う」ってレイアウトになりやすいので、事前によく確認して下さい。

ハンドルレイアウトによってはグリップから直接指が届かなくなります。ベルの使用頻度が高い人は気をつけて下さい。

それとベルの音は割と控えめです。

これはどちらかというと「落ちついた音色で不快感がない」という意味なのですが、歩行者を威嚇するためジリジリ鳴らしまくる人()には物足りない音量かも。

実際のところ「ろくすっぽ使いもしない道具をわざわざ買い換えるかどうか」が主な悩みになるでしょうか。

私は無駄鳴りを避けるためにコンパクトなベルを探してたのが発端ですけど、見た目の向上だけでも買って良かったです。とりあえずカッコイイもん。(∩* ´ ω ` *∩)。

まだそれほど知られてない商品なので、話題作りにもオススメですよ。

knog Oi BICYCLE BELL SILVER【日本正規品 /2年間保証】