科博『深海』展はダイオウイカとグソクムシ以外が穴場

NHKのダイオウイカ放映以降、にわかに活気づいてきた深海人気。話題の国立科学博物館 特別展「深海」を遅まきながら観に行って来ました!

しんかい6500・ダイオウイカ・グソクムシのスリートップは既に多くの方が書いてらっしゃるので、見逃しがちな小展示を中心にお届けします。

【追記 : 2013/10/01】

当初この話は8月に書いたものだったので目玉展示の写真を載せることは控えていたんですが、残り1週間を切って会期もほぼ終わりなので写真足しておきます。

併せて各セッションごとの感想も大幅に書き足しました。

上野公園

突然ですが深海展の感想まとめ

  • 1/1しんかい6500などJAMSTEC調査船の精巧模型が目白押し!
  • これでも食らえ!…と言わんばかりの貴重な深海生物標本群
  • めっちゃ見放題で超嬉しい!地学系展示
  • 幼女も泣き出すダイオウイカ vs マッコウクジラ
  • もう笑うしかない!イカづくしなミュージアムショップ
  • 8月21現在、平日ならそこそこゆったり見られる感じです

深海展 会場見取り図

ゾーン1:深海の世界

『深海』とはどういう環境なのか、パネルや動画による説明色々。『暗くて冷たいけど決して一様ではない』ことがあの手この手で示されてます。

夏休みという時節柄、小学生が熱心にメモを取ってるのが微笑ましいですね。随所のイラストが友永たろ氏なのもカワイイ。(^^

【memo】

なお、ここには『水圧でちぢんだインスタントラーメン容器』が展示されてます。

小学生を押しのけるわけにいかなかったので写真を撮ってないんですが、展示されたカップの銘柄が「ブタメン」なのはある種の見どころ。

かつて定番だった日清カップヌードルの容器が2008年に紙パック化されたので それ以降スチロール容器のラーメンを色々試してブタメンに行き着いたんだそうです。

ゾーン2:深海に挑む

言わずと知れた目玉展示は しんかい6500の実物大模型。大ホールの真ん中に鎮座しております。

他にもJAMSTECが擁する調査船の精巧模型がずらりと並んでますね。しかも、フラッシュ焚かなければ写真取り放題なのも嬉しい。

JAMSTECの船いろいろ

もちろんこうした精鋭艦は耳目を集めるのにふさわしいのですが、地味め展示も開発者の熱意がダイレクトに伝わって来るから見てて楽しいです。

無人探査機 ツナサンド

個人的なイチオシは自律型無人探査機「ツナサンド」。水深1,500mの航行ができるとか、潮に流されず動けるとか、小さいけどハイスペックで素晴らしい。

更に進むと無人機かいこう7000IIもいました。これは「しんかい」より深航できるということで展示の扱いも割と大きめです。

無人探査機 かいこう7000II

なぜIIなのかは…具体的には書かれてませんでしたが…うふふふふ。(^^;

参考:深海無人探査機「かいこう」行方不明 – 失敗知識データベース

そうそう。しんかい6500の内部構造を本体に投影してる展示が地味に良かったです。

いわゆるプロジェクションマッピングで 艦から5mほど離れた所に投影機があるんですけど、ドットが綺麗に見えるんですよ。(写真だと微妙に滲んじゃいましたけど)

投影図拡大

直進性に優れたLED光源を使ってるとは言え、驚くべき鮮明さだと思います。あと立体である船体に歪みなく投影してるのも要ちぇき。

しんかい6500内部映像投影

球面に映すプラネタリウム映画みたいに、内部で持ってる絵のデータがしんかいの船体と逆の凹凸に歪んでるんですね。

グソクムシ論文

隙間を埋めるような展示も興味深いです。

駿河湾の生き物を調査したカタログ的な論文の表紙がグソクムシでした。日付を見ると1997年のものですけど、当時の関係者に今の人気ぶりを予測していたのかどうか伺ってみたいですね。

ゾーン3:深海生物図鑑

円形会場にぐるっと標本が並んでます。

知ってる生き物を見つけると何気に嬉しい。テヅルモヅルやタカアシガニなど、人気の高い派手な生き物はもちろん あんなものから こんなものまで、圧巻のラインナップです。

DS広げながら歩いてる小学生がちらほらいて

「ゲームなんていつでも出来るのに勿体ないなぁ!」

…と思ったらゲーム機をデジカメとして使ってた。現代っ子やね…。(^^;

深海生物標本いっぱい

ある種 死体のオンパレードとも言える情景に、疲れ果てたご婦人達とキラキラした子供達の対比も実に味わい深いもの。

ヌタウナギ

標本の中でちょっと変わっていたのはヌタウナギ(写真左)でしょうか。他の標本と比べると固定液が著しく色づいていました。この生き物は敵に襲われるとぬるぬるの物体を出すんですけど、場合によってはその影響なのかも知れませんね。

この先は、お待ちかねの熱水噴出孔およびイカへと続きます。