JAMSTEC(海洋研究開発機構)一般公開に行ってみよう!

独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC ジャムステック)一般公開に行くとき持っていくと便利なことなどいろいろ。

JAMSTEC(海洋研究開発機構)一般公開に行ってみよう!

独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC ジャムステック)一般公開に過去何度か足を運んだ経験から気になった点をまとめました。

いまニコニコ生放送などでも人気の調査艇しんかいを擁するJAMSTEC、今後見学に参加したいと思ってる方の参考になれば幸いです。(^^

【備考】

本稿はもともと一般公開について書いた記事の一部だったのですが、レビューが長文になったため分離しました。

2014年度 JAMSTEC横須賀本部で開催された一般公開のレビューはこちら。
JAMSTEC一般公開に十年通った私のオススメ&2014レビュー

JAMSTEC / ジャムステックとは?

JAMSTEC(ジャムステック) の正式名称は海洋研究開発機構。深海調査艇として世界的にも名高い「しんかい6500」などを擁する研究施設です。

ざっくり言うと「空のJAXA・海のJAMSTEC」みたいな感じの研究機関です。宇宙も不思議だけど、海もまだまだ不思議なことがいっぱいで面白いんですよ~。

JAMSTECの公開イベントは初夏に開催される横須賀本部開催のが有名ですけど、他にも所有船が寄港した各地などで随時開催されてます。大きく分けて柱は三つ。お祭り感があって楽しいのは5月に行われる横須賀本部の一般公開です。

  • 横須賀本部の一般公開
  • 横浜研究所の一般公開
  • 各地に寄港した船の見学会

もしかしたら、あなたの近くの街で見られる機会が訪れるかも!(^^

JAMSTECへ行く前に準備しておきたいこと

そんなに身構えなくてもいいのですが、ピーク時間に巻き込まれると身動きが取れなくなるので時間には余裕を持ちましょう。

最寄り駅から会場までの交通機関を要確認

地球シミュレータ擁する横浜研究所以外は主に港湾地区で開催されます。つまり駅からのアクセスは概ね悪いです。予めバスの時刻等を調べて早めに動くことをオススメします。

JAMSTECの手配によるシャトルバスや特別便が出ることもありますが、人数制限で待たされることも多いのでアクセス手段は事前によく調べておくといいでしょう。

グループで行くならタクシーの利用もありかも。ただし、イベントによっては現地の直接乗り入れが禁止されてることもあります。要項厳守で。

横須賀本部の一般公開

5月の一般公開は、京急追浜駅から現地までのシャトルバスが出ます。駅周辺にいる職員さんの指示に従って下さい。

乗用車を利用する場合、隣にある日産の駐車場が開放されるので結構余裕があります。もっとも例年そういう事になってるだけで変わる可能性があるので、最新事情はその都度確認して下さい。

JAMSTEC一般公開に持っていくと便利な装備

個人的にあったら良いものいろいろ。

  • 日焼け対策グッズ
  • 強風対策
  • 動きやすい靴
  • カメラのフラッシュ設定を確認
  • 軽食があると安心
  • トートバッグ

日焼け対策グッズ

海は市街地より日差しが強いです。お兄さんもお姉さんも日焼け止めを忘れずに!肌など弱い人は、普段 海に行くときの装備を思い浮かべながら準備すると良いです。

あと近年 女性人気に伴って(?)日傘さしてる方が目立ちます。でも混雑してる中で針金のような露先をちらつかせるのはとても危険なので正直やめて欲しいです。

SLE疾患で日焼けすると寝込んじゃうのは判るんですが、陽射しが気になる方は女優ばりのキャペリンハット被ったらよろしいよ。他人の顔に針金引っかけるより安全だもの。帽子なら船のタラップでも両手が空きますし。

つば広帽子 レディース ハット キャペリン ラコステ/イエロー【Amazon】

…って、私が言うことじゃないとも思うんだけど、小中学生相手にガンガン突っ込んで行く妙齢のお姉さんとか本当にいらっしゃるの。みんなが使う雨傘と違って日傘は一部の人しか使いません。お互い様じゃないですよ~!

強風対策はしっかりと

船は風が巻きます。貰ったパンフレットなどが飛んでいかないように注意しましょう。

つばの広い帽子、お子さんのキャップなどは帽子用クリップなどをつけておくと安心かも。

動きやすい靴

結構歩くので、靴は動きやすいものを。調査船の見学プランがある場合はスニーカー推奨です。

革靴は滑りますし、ピンヒールはグレーチングに挟まって抜けなくなったりするし、サンダルが脱げて海に落ちると取れないし、そもそもそういう靴だと見学を断られる可能性があります。

船内の階段はハシゴ並みに急なので、足元にはご注意下さい。

カメラのフラッシュ設定を確認

これ地味に知って欲しい。

フラッシュ禁止の展示がある場合は必ず指示に従います。カメラのフラッシュon/offは事前に出来るようにしておくと現場で慌てません。

数はそれほど多くないものの、生体展示が増えてます。深海生物は目が退化しているため、光が強いストレスになる生き物もいます。せっかくの貴重な資料や生き物を継続的に公開して頂けるようルールは守りましょう~。><

ちなみに水族館もフラッシュ禁止な事が多いです。禁止だと声をかけると「そもそも設定が判らない」と言われることも少なくありません。フラッシュなしでも感度を上げれば十分な画質で撮れることもあるので、あらかじめ練習しておくのオススメです。

軽食を用意しとくと安心

船の一般公開は、基本コンビニもないものだと思って下さい。

横須賀本部の一般公開では食堂が利用できますが、昼時は大変混雑します。屋台が出ることもあるけど天気が崩れると結構悲惨なので、軽く食べられるもの持っていくと精神衛生上とても良いです。

トートバッグなど

プリントやファイルなど色々お土産あるので、トートバッグあると便利です。ピンバッヂやTシャツの販売などが出店していることも。

筆記用具は借りたりノベルティとして配布されたりするので、忘れても割と何とかなります。

過去の一般公開レビュー

当サイトのJAMSTEC見学会レポートいろいろです。

支援母船「よこすか」2014

【関連記事】

しんかい6500&母船よこすかJAMSTEC一般公開に十年通った私のオススメ&2014レビュー

横須賀本部での一般公開2014。

2013年に科博「深海」展でダイオウイカの大ブームを起こした直後の一般公開。「深海」展のダイジェストのような内容でした。

船は「しんかい6500」の母船である「よこすか」です。

学術研究船「白鳳丸」2015

【 関連記事 】

JAMSTEC一般公開2015行ってきた!そんでやっぱ超臨界水が好きJAMSTEC一般公開2015行ってきた!そんでやっぱ超臨界水が好き

横須賀本部の一般公開2015。

ダイオウイカブームを若干引っ張りつつ、JAMSTECが舞台である朱野帰子先生の小説「海に降る」ドラマ化に向けてタイアップのブースが目立ちました。研究棟でのポスター展示も良かったです。

JAMSTECで働きたい人向けにリクルートやってたので学生さんは是非。

見学船は東大海洋研から移管された「白鳳丸」です。研究用の大きな机などが印象的でした。

地球深部探査船「ちきゅう」2015

【 関連記事 】

地球深部探査船「ちきゅう」就航10周年JAMSTEC一般公開2015地球深部探査船「ちきゅう」就航10周年JAMSTEC一般公開2015

横浜での一般公開2015。

日本が世界に誇る掘削船「ちきゅう」です。とにかくでかい!内部の研究施設も大学並みの設備で圧倒されました。

JAMSTECの一般公開に行ってみようまとめ

思いつくまま書き連ねてみましたが、他にTipsあったら教えてください。何か気づいたことがあったら随時追記します。(^^

一般公開以外にもJAMSTEC所属研究者さんの講演を聞きに行ったりしてるので、お目にかかることがあればよろしくどうぞ。記事にしてないイベントも多いんですが、良かったら 深海タグ をチェックしてみて下さい。

Exploring Lab. 1/700 地球深部探査船 「ちきゅう」【Amazon】